Pocket

【スポンサーリンク】

松戸市八ケ崎のテラスモース近くに、大衆ステーキハウスのチェーン店

ビリー・ザ・キッド松戸店 が9月20日にオープンしました!

こちらは、8月に閉店した、「肉蕎麦 時の声」の跡地です。

 

ビリー・ザ・キッドはランチ営業はないので、ディナーに

行ってまいりました!

松戸市八ケ崎に新規開店の大衆ステーキハウス ビリー・ザ・キッド松戸店を初訪問! キッド ステーキセットを注文する!

 

18時頃に到着しました。それほど広いお店ではないようです。

 

 

カウボーイ?がお出迎えしてくれました。

 

 

駐車場有りと書いてあったので、行ってみました。

駐車場はお店に向かって左の道を入ってすぐのところにあります。

今の所4台分確保されているそうです。

 

入口の外に、メニューが貼ってありました。

メニューはこれだけ??

 

入店しました。

一人でしたが、愛想の良い女性スタッフさんが、カウンター席ではなく、

入口すぐのソファー席をすすめてくださいました。ありがたく着席です。

 

こちらはその席から中央の厨房をみたところです。

写真の右の西部劇のバーによくある扉(ウエスタンドアー)は、

化粧室の入口です。こんなところもウエスタンらしいインテリアですね。

 

 

着席してすぐに「お決まりですか?」と聞かれたので

 

「あのー。メニューは?」とこたえたら、卓上のメニューを案内されました。

こちらのかわいい卓上メニュー 裏表がお料理の全てのようです。

 

 

<メニュー>

  • テキサス・ステーキ セット (400g)  3,000円(税別)
  • キッド・ステーキ セット (200g)    1,850円
  • メキシカンビリーステーキ セット(180g)   1,450円

     (メキシコ産サーロイン)

  • ジャンボ・ハンバーグ セット (500g)          1,400円
  • インディアン(焼肉風味) セット(225g)    1,300円

(セットには、ライス・メキサラダ・コーヒー付き)

 

<単品メニュー>

  • パンチョハンバーグ (250g)          750円
  • チョリソ     680円
  • タコス      800円
  • チリコン     500円
  • メキサラダ    250円
  • メキスープ    580円
  • 生野菜      500円
  • コーンスープ   350円
  • エローテ     480円
  • ライス(大盛り) 280円
  • ライス(普通盛) 180円
  • ライス(半分盛) 100円

<お飲み物>

各種  200円~ 1,150円

 

<デザート的なもの>

なし 笑。

 

メニューを拝見しましたが、品数が多くありませんね。

選ぶのが楽です 笑。

値段的に3,000円は高いので、テキサスは除外。

メキシカンビリーステーキにしようかな、と思ったのですが、

こちらは初めてなので、お店の定番と思われる

キッド・ステーキセット を注文することにしました。

お肉は200gですからボリュームもちょうどよいですね。

焼き方を聞かれたので、よく考えもせず「ミディアム」にしました。

(・・・後でちょっと後悔^^)

 

ビリー・ザ・キッドのキッド ステーキセットは、お肉がやわらかくボリュームたっぷり! メキサラダもやみつきに

 

注文してすぐに、メキサラダ が到着!

 

テーブルの色も赤いのでわかりにくいですが、

赤い色のサラダです。

ドレッシングというより、量が多い赤い液状の中に

細かく切った野菜が入っています。

 

 

お野菜は、キャベツ、きゅうり、コーン等ですね。

 

 

味ですが、真っ赤な色なので辛いかと思ったら、ちょっとぴりっと

するくらいで辛くありません。

むしろ酸っぱさが勝っています。

スパイスがいろいろはいっているだろうメキシコ風?の

ちょっとフクザツな味のサラダでした。

とびきりおいしいという感じではないですが、クセになりそう。

この赤いたっぷりドレッシングのレシピは何でしょう。

ビリーザキッドのメキサラダをめざして家庭でサラダを

作る人も多いそうです。有名なサラダなのですね。

 

それから5分もたたないうちにステーキが到着!

 

キッド・ステーキ (200g)       です!

200gといってもお肉が大きいですね。

熱々でバターがとけています。

 

横から見たところ。お肉の厚さは薄めですね。

 

バターと塩コショウがたっぷりという見た目です。

厚さはないけれど、お肉の迫力はありますよ。

 

セットのライスは半ライスにしていただきました。 

ちゃんと少なめになっていますね。

ごはんはやわらかめで一粒一粒がたっている感じではありません。

ご飯は硬めが好みなのですが、これはこれで食べやすかったです。

 

ステーキが熱いうちに、早速一切れいただいてみます。

塩コショウとバターのシンプルな味付けです。

お肉はやわらかく、薄めで食べやすかったです。

店内はすっかりアメリカ西部の雰囲気なのですが、

お肉はアメリカ産ではなく、テキサス(400g)もキッド(200g)も

【スポンサーリンク】

オーストラリア産とのことでした。

やわらかくて食べやすく、オーストラリア産のお肉なら

まあまあかな、と思います。

 

ただ、予想よりお肉の厚さが薄めでしたので、

これなら「ミディアム」じゃなくて「レア」にしておけばよかったです。

次回はレアでいこうかと・・・。

 

さて、ビリー・ザ・キッドのステーキは基本的に

味付けが下味だけです。あとはお客さんが各自卓上の調味料で

好みの味に味付けすることになっています。

 

 

 

それでは調味料たちを確認してみましょう。

 

ずらりと並べました。9本もあります。

 

 

左から、ニンニク、マスタード、ポン酢、ハバネロ、醤油、ソース

手前の左から アジシオ、七味唐辛子、あらびきこしょう

となっています。

ちなみに「ステーキソース」のようなものはありません。

 

基本的に私はシェフが一番よいと思う味付けを信頼していて

あとは少し味変するくらいが好きです。

あくまでもデフォルトのシェフの味でいただくのが好みです。

味変はあくまでも味変で少しだけです。

 

ビリー・ザ・キッドでは味変ではなく味付けが

お客さん各自の作業になっているのですね。

 

そのままでも十分おいしいのですが、お店の方針なら

味付けに挑戦してみましょう。

 

 

ステーキソースがないので、私が一番注目したのはこちら。

ハバネロです。

辛いのが好きなんですね。激辛は無理ですが。

 

 

ハバネロをかけてみました。

 

実際は写真より多めにハバネロをかけていただいてみたところ

確かに辛いですが、予想よりマイルドでした。

激辛ではなくちょうどよい辛さなので、このあと何切れも

ハバネロをかけてステーキを味わいました。

 

次に使ってみたのが、ニンニクです。

 

 

 

こちらのニンニクのビンは、単なるニンニクのすりおろしではなく

しっかり塩味等もついたニンニクが入っていました。

ニンニク臭さが強烈というほどではないので、たっぷり使って

いただきました。

お肉自体のお味は比較的マイルドなので、ニンニクで

スタミナ味たっぷりにしておいしかったです。

 

付け合せの野菜も忘れないでいただきましょう。

 

コーンもいんげんも普通でした。

いんげんはもう少し硬い方が好みです。

 

またまたニンニクたっぷりでいただきました。

ちょっとかけすぎ??

ハバネロとニンニクのほかに、ポン酢やマスタード、ソースでも

いただきました。やっぱりハバネロとニンニクが私にはベストです。

 

ステーキをまだいただいている間に、早くもセットのコーヒー

運ばれてきました。

 

 

びっくりしたのは、色が薄いこと! 

アメリカンコーヒーだそうですが、薄すぎる!

透けて見えます。

まるで紅茶かウーロン茶のようです。

ビリー・ザ・キッドのコーヒーが薄めのアメリカンコーヒー

というのは有名みたいですね。

脂っこいステーキにはよく合うとのことで、このコーヒーに

しているそうです。

 

 

なお、コーヒーはスタッフさんの方から声をかけてくださって

おかわりしていただけました。

1杯目の量が少なめでしたので、おかわり大歓迎でした。

アメリカンコーヒーのお味も濃いとは言えなかったですが

これはこれで飲みやすいコーヒーでした。

 

ビリー・ザ・キッド 松戸店のまとめ

 

私は18時に入店しましたが、17時開店なので先客さんが

いらっしゃいましたし、その後も続々とお客さんが来店します。

開店してまだ日が浅いのに人気店なのですね。

 

ビリー・ザ・キッドのキッド ステーキ

お肉は薄めでしたが、200gの食べごたえがありました。

やわらかくて食べやすく、お味は濃厚とはいえませんが、

オーストラリア産牛肉のステーキとしてはまあまあではないでしょうか。

コスト的にはライス・サラダ・コーヒー付きでこのお値段なら

高くはないでしょう。他のメニューもリーズナブルと思います。

特に、単品ですが、パンチョハンバーグ(250g)が 750円というのは

とてもお得と思います。

ドリンクのお値段も安い方ですね。

大衆ステーキハウスですからね。

 

ビリー・ザ・キッドのステーキを自分で好きなように味付けする

スタイルは、ひょっとしたら評価が分かれるところかもしれません。

自分好みで好きなように味付けできるからよいと考える方がいる一方、

私のように「プロによる完成した味付けを楽しみたい」とか

「そもそも味付けなんて面倒」と考える方もいるからです。

卓上の調味料の中に、ステーキソースがなく、ソースは少し甘いですが、

他には甘めの調味料もないので、甘めの味を好む方には物足りない

かもと思いました。

 

担当の女性スタッフさんは、タイミングよくお水やコーヒーの

おかわりをしてくださったり、愛想もよくとても感じがよかったです。

サービスがよいとお店の印象もすいぶんちがいますね。

 

次回はたっぷりお腹をすかせて 

ジャンボ・ハンバーグ セット (500g)  に挑戦したいです。

 

◆ ブログランキングに登録しています。 ◆

 

今回の記事が少しでもお役に立てましたら、
こちらの「ブログランキング」を2つ クリックしていただけますと、
とても嬉しいです。

 


ランチブログランキング

 

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

 

いただいたクリックを元気の素として、また新しいお店を
どんどん開拓・訪問いたします♪♪

 

ビリー・ザ・キッド 松戸店

● 住所:千葉県松戸市八ケ崎1-1-1 京葉ハイツ 1F

●電話:047-718-7519

● 営業時間:

17:00 ~ 3:00

● 定休日:

不定休

● 駐車場:

【スポンサーリンク】